カラーコンタクト 薬事法 で 規制 へ

カラーコンタクト 薬事法 で 規制 へ

カラーコンタクト ( カラコン )を 薬事法 により 規制 する方針が固まったようです。

カラーコンタクト ( カラコン )は、これまで自由に購入することができましたが、目に異常を訴える人が急増、 角膜炎 、 角膜潰瘍 などの患者も多数出ていることから、 厚生労働省 、 経済産業省 は、通常のコンタクトと同様に 医療機器 として 薬事法 で 規制 する方針を固めました。

手入れが不十分だったり、着色剤が流出する、傷があるといった品質そのものに問題があったり、カラーコンタクトについては、かなり問題があったようですね。韓国からの輸入物が多いみたいですが……

低視力の人間からすると、コンタクトなんて煩わしいだけの存在なんですが、オシャレでカラコンをつける人はたくさんいますからね。色を変えるだけでなく、黒縁のレンズで瞳を大きく見せたり。

目に異物を入れるわけですから、これまで全く規制がなかったのが不思議なくらいで、場合によっては失明となる危険性も充分あるわけですから、医療器具として厳しいチェックを入れるのは至極当然と言えると思います。何かあってからでは遅いですからね。

タグ