品川近視クリニック 患者の個人情報が流出

品川近視クリニック 患者の個人情報が流出

レーシックなどの視力回復手術で知られる品川近視クリニックの患者、約1万8000人分の個人情報が外部に流出していることがわかりました。

個人情報流出が発覚したのは、品川近視クリニックの銀座院。

流出した情報は、当院の患者約1万8000人分の名前、電話番号、住所、生年月日など。

インターネットから侵入されたわけではなく、外部記録を使って持ち出されたのではないかと見られています。

問題なのは、外部記録を使って簡単に1万8000人分もの個人情報を持ち出せてしまう環境にあるのかどうかということですね。

個人情報保護法が施行されたこともあり、企業においてその管理は厳しくなってきているとは思いますが、この報道がそのまま真実なら、ずさんな管理がされていた可能性も否定できません。

品川近視クリニック銀座院を利用していた人にとっては気が気でないニュースですが、より詳しい情報が待たれるところです。

【情報元】
患者1万8000人の情報流出か 品川近視クリニック銀座院

タグ