カラーコンタクト 2009年4月にも薬事法で規制へ

カラーコンタクト 2009年4月にも薬事法で規制へ

おしゃれ用として人気のあるカラーコンタクト(カラコン)が、2009年4月にも薬事法で規制されることが決まりました。

カラーコンタクトは手軽にオシャレができることから人気がありますが、単なる雑貨品扱いのため、眼に関するトラブルも多く、視力低下といった障害や、結膜炎などの目の病気を引き起こす要因となっていることが問題になっていました。

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会は、コンタクトレンズと同様に、カラーコンタクトに関しても高度管理医療機器にする結論に至ったようです。

これからは、コンタクトと同様に購入時は医師の処方が必要になります。

おしゃれのためとはいえ、目を傷つけたり病気を患ったり、健康被害が出ては元も子もないので、こういった処置はやむを得ないでしょう。

品質の問題もあるようですし、購入の際は充分に気をつけていきたいですね。

タグ