VDT症候群 とは

VDT症候群 とは

VDT症候群 とは、パソコンの ディスプレイ ( VDT )などを長時間見続けたり、 作業 することにより、目や身体に悪影響を及ぼす病気です。

VDT症候群 は、別名「 テクノストレス眼症 」とも呼ばれ、もはや国民病と言ってもいい目の病気です。

眼精疲労、ドライアイ、充血、頭痛、腰痛、肩痛、目眩や吐き気などを引き起こします。画面を見続けることによる視力低下もVDT症候群の一種と言っていいでしょう。

これを防ぐためには、各所で言われていることではありますが、1時間に10分くらいの休憩を取り入れることです。

軽く体操をして身体をほぐしたり、遠くの景色を見て目の緊張を和らげたりするといいでしょう。やはり、長時間にわたり同じ作業を延々と繰り返すことは、肉体的にも精神的にもよくありません。

現代では、パソコンや携帯を使う作業が増えているため、VDT症候群(テクノストレス眼症)は誰にでも起こりうる病気です。

普段から目をいたわりながら、コンピュータ機器を活用することで、情報化社会を生き抜いていくことが必要だと言えます。

ちなみに、VDTとは、Visual Display Terminalの略称です。

タグ