網膜静脈閉塞症 とは

網膜静脈閉塞症 とは

網膜静脈閉塞症 とは、網膜にある静脈が詰まり、酸素や栄養素が行き届かなくなる眼の病気です。

網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)は、高血圧、動脈硬化症を抱える、50歳以上の高齢者の方が発症しやすい病気です。

血管が詰まるため、静脈から出血を起こします。眼底出血を引き起こす主要因の一つとされています。

網膜静脈閉塞症は、詰まった血管の箇所により、以下の2つに分類されます。

<網膜中心静脈閉塞症>
網膜の静脈は細かく枝分かれしていますが、1本にまとまっている箇所(中心静脈)があり、その静脈が詰まる病気です。出血や腫れ、視力低下を招きます。

<網膜分枝静脈閉塞症>
中心静脈から枝分かれした分枝静脈が詰まる病気です。視野が欠けたり、出血、ゆがみ、視力低下などを招きます。

治療の際は、血栓を溶かす薬や血流を改善する薬の投与を行います。その他には、レーザー光凝固術による治療もあります。

気をつけなければいけないのが、網膜静脈閉塞症の治療後、3ヶ月から1年くらいで硝子体出血や網膜剥離を引き起こすケースがあります。そのため、継続的な検査・治療が大切になってきます。

タグ