網膜動脈閉塞症 とは

網膜動脈閉塞症 とは

網膜動脈閉塞症 とは、網膜に酸素や栄養素を運ぶための動脈が詰まってしまうことで細胞が壊死し、視野や視力を失ってしまう目の病気です。

網膜動脈閉塞症(もうまくどうみゃくへいそくしょう)は、問題が生じた血管により、以下の2つに分類されます。

<網膜中心動脈閉塞症>
動脈の本幹が詰まる病気です。網膜に酸素が行き渡らなくなるので、視野全体が暗くなったり、場合によっては失明を招きます。

<網膜分枝動脈閉塞症>
本幹から枝分かれした動脈が詰まる病気です。失明することはあまりありませんが、視野の一部が欠けたりします。


網膜動脈閉塞症は、緊急を要する眼の病気です。時間との戦いになりますので、突然視野が欠けたり、暗くなったり、視力が低下するなどの症状が出た場合は、早急に眼科医の検診を受けるようにして下さい。治療が遅れると、視力や視野は元に戻らなくなります。

治療する際は、血管を拡張したり血栓を溶かす薬の投与、副腎皮質ステロイド薬の内服、点滴、眼球マッサージなどを行います。

まれな病気ではありますが、短時間のうちに細胞が壊死してしまうため、とにかく素早い治療が求められます。

タグ