春季カタル とは

春季カタル とは

春季カタル とは、アレルギー性結膜炎がさらに進行した目の病気で、10代〜20代の若い人に多く見られます。

春季カタルの症状としては、目のかゆみや充血といったアレルギー症状の他、異物感、目やに、眩しさなどを感じたりします。

この他に、瞼の裏(上眼瞼結膜)に、白いブツブツができたり、角膜近くの眼球結膜が赤くなったりします。

自然治癒によっても治っていきますが、春季カタルを治療する場合は、抗アレルギー点眼薬を用います。症状によってはステロイドの点眼や注射を行います。

春期カタルは、名前の通り、以前は春から夏にかけて多く見られる病気でしたが、現在は年間を通して発病しています。これは、花粉、ハウスダスト、ダニ、コンタクトなど、アレルギーを引き起こす要因が増えてきているためです。

アトピー体質の人に多く見られるので、アレルギーを抱えている人は注意が必要です。花粉の時期は花粉対策を怠らない、部屋の掃除をこまめにする、空気清浄機を使用する、帰宅時はうがい、洗眼をするなど、気を配っていく必要があるでしょう。

タグ