斜視 とは

斜視 とは

斜視 とは、片方の眼は目標物に対して正確に視線が向いているものの、もう片方の眼があさっての方向を向いてしまっている目の病気です。

斜視(しゃし)は、別名を「眇(すがめ)」「ひんがら目(ひんがらめ)」「藪睨み(やぶにらみ)」とも言います。

また、片方の目が内側に向いてしまっていると内斜視、外側に向いてしまっていると外斜視、上を向いてしまっていると上斜視、下を向いてしまっていると下斜視と呼びます。

そして、常時斜視の状態になってしまっていることを恒常性斜視、時折斜視の状態になってしまうことを間歇(かんけつ)性斜視と言います。

斜視になってしまう原因としては、主に乳幼児期の弱視、近視、遠視、眼筋、視神経の異常などが挙げられます。

特に生後間もない赤ちゃんは、視力などが安定していないため、注意が必要です。生まれつきなっているケースと、成長と共に顕著になるケースがあります。

斜視の治療は、メガネやコンタクトにより屈折矯正を行うことで行っていきます。場合によっては、手術で治療することもあります。

弱視が原因の場合は、両目の視力を良くしてあげることも大事だと言えるでしょう。

斜視の場合、見た目にもそれがわかってしまうので、偏見を持たず、病気を理解する周りの協力も必要不可欠です。

タグ