結膜炎 とは

結膜炎 とは

結膜炎 とは、ウイルスや細菌が原因による結膜にできる炎症のことを指します。主に3種あります。

『ウイルス性結膜炎』

結膜炎の中で最も多いのがウイルス性のものになります。
アデノウイルスと呼ばれるウイルスが一番多く、流行性角結膜炎や咽頭結膜熱が有名です。感染性が非常に高く、治癒しにくいので注意が必要です。

『細菌性結膜炎』

細菌が原因による結膜炎です。
ウイルス性と同じく感染力は高いですが、有効な抗生物質などの存在により治癒しやすいのが特徴です。

『アレルギー性結膜炎』

アレルギーが原因で結膜炎を引き起こしてしまう症状です。


結膜炎にかかると目に痛みやかゆみを生じ、めやにが大量に出ます。一応の判断材料として、目やにが水っぽいとウイルス性、ドロッとしていると細菌性である場合が多いです。視界がぼやけ、目が開けにくくなります。

結膜炎は自然治癒も可能な眼の病気ですが、長引く場合も多いので眼科医の適切な指示を受けた方がいいでしょう。感染性が高いので、手を良く洗う、不用意に目に触れないなど、感染を広げないよう気を配る必要があります。

タグ