加齢黄斑変性 (かれいおうはんへんせい)

加齢黄斑変性 (かれいおうはんへんせい)

加齢黄斑変性 ( かれいおうはんへんせい )は、網膜の中心にある黄斑と呼ばれる部分に変性を起こす目の病気です。失明の原因ともなりえます。

加齢黄斑変性 ( かれいおうはんへんせい )は、略してARMDと呼ばれることもあります。

加齢黄斑変性は、黄斑変性の中でも一番多い症状で、初期症状としては物が歪んで見えることが挙げられます。

放っておくと歪みがきつくなり、視力低下や最悪の場合失明に至ります。

男女を問わず高齢者がかかりやすい眼の病気で、喫煙者に多く見られる傾向にあります。

加齢黄斑変性の原因は不明で、遺伝するケースもあります。

治療にあたっては、レーザーを使った光凝固、光線力学療法、経瞳孔的温熱療法、放射線療法や、ビタミン剤による治療法などがあります。

ただ、症状によっては、明快な治療法がない場合もあり、網膜組織移植などの研究が進むことにより、さらなる医療の進歩が期待されています。

いずれにしても、急激な視界がゆがむなどの症状を覚えた際は、眼科医の診察を受けるようにしましょう。

タグ