ぶどう膜炎 とは

ぶどう膜炎 とは

ぶどう膜炎 とは、 ぶどう膜 ( 虹彩 ・ 毛様体 ・ 脈絡膜 )に炎症を起こす病気で、 目の充血 、 眼のかすみ 、 目の痛み 、 視力低下 、 飛蚊症 などを引き起こす疾患です。

ぶどう膜炎は、ブドウ膜に細菌やウイルスなどが侵入し引き起こされるケースや、過剰な免疫反応により発症してしまうケースなどがあります。

非感染症のぶどう膜炎として有名なのが、ベーチェット病・サルコイドーシス・原田病で、ぶどう膜炎の3大原因ともいわれています。

いずれも重度の視力障害を引き起こす懸念があり、細心の注意を払って治療に当たる必要があります。

ステロイドの点眼や内服、点滴などによって治療を行います。抗生剤や抗ウィルス薬を使用することもあります。前述の3大ぶどう膜炎にあたっては、治療方法が若干異なってきます。

ぶどう膜炎は再発しやすく、日々のストレスや疲れが原因になることも少なくありません。毎日の体調には気を遣いながら、おかしいなと思ったら、早めに眼科医の検診を受けるようにしましょう。

タグ