糖尿病網膜症 とは

糖尿病網膜症 とは

糖尿病網膜症 ( とうにょうびょうもうまくしょう )とは、 糖尿病 が原因で 網膜 の 血管 に 障害 を起こしてしまう 目の病気 です。

名前の通り、 糖尿病網膜症 の主要因は 糖尿病 になります。

糖尿病(とうにょうびょう)を放置し病気が進行することにより、網膜の血管がもろくなり、出血したり、血管がつまって網膜に栄養が届かなくなるなどの症状を引き起こします。

さらに病気が悪化すると、硝子体出血や網膜剥離といった恐ろしい目の病気を引き起こすことになってしまいます。最悪の場合、失明に至るので注意が必要です。光凝固治療を行っていきますが、手遅れの場合もありますので、早めの取り組みが吉と言えます。

糖尿病網膜症は、糖尿病を患ってから5〜6年後に症状として現れるのが一般的です。やはり糖尿病(トウニョウビョウ)はしっかり治さなければいけない現代病と言えるでしょう。眼の検査はもちろんのこと、根本的に病気を治さなければいけないということを肝に銘じる必要がありそうです。

タグ