虹彩毛様体炎 ( こうさいもうようたいえん )とは

虹彩毛様体炎 ( こうさいもうようたいえん )とは

虹彩毛様体炎 ( こうさいもうようたいえん )とは、 虹彩 や 毛様体 に 炎症 が起こり、白目や黒目の周囲が充血したり痛みを伴ったりする病気のことです。

虹彩毛様体炎 の 虹彩 とは、角膜と水晶体の間にある膜のことで瞳孔の周りの部分、 毛様体 とは、虹彩のすぐ近くにある水晶体の厚みを調節する部分を指します。

視力の低下や眩しさを感じることもあり、リウマチやベーチェット病などの全身疾患の一症状として起こる他、感染症でも発病することがあります。

ステロイド剤、消炎鎮痛剤、副腎ホルモン剤などの点眼や内服で治療を行っていきます。

注意しなければならないのは、炎症により虹彩と水晶体の癒着が起こるケースがあり、この場合白内障や緑内障を引き起こしてしまう危険があります。そのため、治療の際は細心の注意を払って行う必要があります。

散瞳薬によって虹彩と水晶体の癒着を防止したり、炎症がひどい場合は局所注射を施す場合もあります。いずれにしても、適切な治療を行えるよう医師の判断を仰ぐ形になります。

視力を回復することも大事ですが、目の健康には常に注意しなければいけないですね。

タグ