麦粒腫 ( ばくりゅうしゅ )とは

麦粒腫 ( ばくりゅうしゅ )とは

麦粒腫 ( ばくりゅうしゅ )とは、瞼にある 皮脂腺 や 瞼板腺 などの 分泌腺 に急性の 炎症 が起こり、 化膿 してしまう病気です。

麦粒腫 は、別名「 ものもらい 」とも言われ、地域によっては「 めばちこ 」「 めいぼ 」「 めこじき 」「 めんぼう 」など呼び名は様々。まぶたが腫れ上がり、痛みを伴います。

麦粒腫は、黄色ブドウ球菌などの細菌が眼に感染することにより発症しますが、危険な目の病気につながるということもなく、自然治癒により治ることもあります。

ただ、万が一悪化した場合、眼球を傷つけることもあるので、症状が重くなる前に眼科医の適切な処置を受けた方がいいでしょう。

麦粒腫は、基本的に内服薬や点眼薬の抗生物質を使って治療を行います。ものもらい用の市販薬も販売されています。症状が重い場合は、切開によって膿を出します。

他者に伝染することはほとんどありません。治療後は患部を清潔に保ち、不要な菌が入ったりすることのないよう気をつけましょう。通常2〜3日で症状は治まります。

タグ