網膜剥離 とは

網膜剥離 とは

網膜剥離 ( もうまくはくり )とは、 眼底 にある 網膜 が剥がれてしまい、 視力 や 視野 を失ってしまう病気です。

網膜剥離 は危険な病気ですので、自己判断はしないようにしましょう。

通常ゼリー状の硝子体が、加齢等の理由により一部液状化し、硝子体が眼球の動きに連あわせて移動するようになります。その時、硝子体に網膜が引っ張られると、裂け目ができることがあり、その裂け目から水が入ると網膜が剥がれ、網膜剥離となります。これは「裂孔原性網膜剥離」と呼びます。

その他の眼疾患が原因でなるものを「続発性網膜剥離」と呼びますが、通常網膜剥離といえば前者を指します。

自覚症状としては、飛蚊症と視野の異常が挙げられます。これらの症状を感じた場合は、すぐに眼科医の検診を受けることをお勧めします。

昔は不治の病とも言われ、失明も覚悟しなければいけないような状況でしたが、現在は、レーザー光線を患部にあてて網膜を固定する光凝固術が成果を上げています。

レーザー治療が難しい場合は、外科手術を行う必要があります。

硝子体の老化が進む40代以上の人は注意が必要なこと、また、眼に強い衝撃を与えると起こりやすいため、ボクシングをしている人も注意が必要です。その他スポーツでは、野球やテニスがまれに眼にボールが当たるなどのケースがあるため、網膜剥離に掛かることもあります。

視力回復すら難しくなりますので、日頃から注意していきたいですね。

タグ