飛蚊症 とは

飛蚊症 とは

飛蚊症 とは、目の前を小さなゴミのようなものが飛んだり、蚊が飛んでいるように感じたり、アメーバのようなものがうごめいたりする状態を指します。

飛蚊症 ( ひぶんしょう )は、 硝子体 の濁りや眼底出血、 網膜 の異常により引き起こされます。

飛蚊症 ( ヒブンショウ )そのものに大きな問題はありませんが、 網膜剥離 の初期症状とも言われているため、自己判断で放置することは危険です。

直ちに眼科医の検診を受けて下さい。その際に眼底検査を受け、病気の前兆がないかどうかを調べます。

近視の人に多く特に治療の必要もないのが、生理的飛蚊症と呼ばれるもので、眼科医の検診の結果こういった診断が下りればひとまず安心していいと思います。ただ、特に近視の人は、今後飛蚊症の症状が重くなるようであれば(ちらつくごみの数が増えるなど)、再度検診を受けた方がいいでしょう。

飛蚊症は、前述の網膜剥離の他、網膜裂孔、ぶどう膜炎などの病気が発症している恐れがありますので、繰り返しになりますが、一度眼の検査を受けることをおすすめします。

タグ