白内障 とは

白内障 とは

白内障 とは、眼球の水晶体が白や黄白色に濁ってしまい、 視力障害 を引き起こす病気です。

白内障 ( はくないしょう )は、別名「 白そこひ 」とも言います。

最初のうちは眼にまぶしさを感じるようになります。次第に濁りが広がって瞳全体に掛かってくると、視力は低下し、最後は明るさしか感じなくなります。

白内障には、先天性、老人性、代謝性、外傷性などがあり、中でも老人性白内障(加齢性白内障とも言います)は、50才以上の人が患う視力障害の大部分を占めます。

白内障そのものを治すことは難しく、手術を行うことになりますが、濁った水晶体を摘出して眼内レンズを入れるというできれば避けたい方法です。

白内障は放っておくと最終的には失明してしまいます。ただ、年配の方の多くの人が程度の差こそあれ、白内障を患っているとも言われ、老化の一種という見方もあります。

点眼薬など薬物療法で進行を遅らせる方法もありますが、混濁を取り除くことはできないため、決定打とは言えないようです。自分の生活を見つめ直してみて、どちらの治療が最適かを決めてみる必要があります。

何の病気でも早期発見は大切ですので、おかしいなと思ったら早めに眼科の先生の診断を受けてみましょう。

タグ