緑内障 とは

緑内障 とは

緑内障 ( りょくないしょう )とは、眼圧が高くなる病気で、放っておくと重大な症状を引き起こす可能性があります。

緑内障 は、別名「 青そこひ 」とも呼びます。

緑内障 には、先天性、原発性、続発性などの種類がありますが、最も一般的なのが原発性緑内障と呼ばれるものです。40才以降の人は特に注意が必要です。

眼球は、強膜や角膜で覆われていて、その中には水晶体、硝子体などがあり、これらは一定の内圧で調和が保たれています。これを眼圧といいますが、眼圧が上昇すると、奥にある視神経が圧迫され角膜に混濁を引き起こします。それにより、視力障害や視野障害などの異常を呼び起こす可能性があります。

一番多い原発性緑内障を患ってしまった場合、点眼薬による薬物療法が一般的になります。事を急ぐと判断された場合は、内服薬、注射薬も使用して治療にあたります。それでも効果がない場合は、レーザー治療も考慮に入ってきます。

急性発作のケースでは、緑内障は失明することもある恐ろしい病気です。眼圧検査、視野検査、眼底検査などを定期的に受診し、早期に病気を発見することが大切になります。

なお、目に途方もない激痛を感じたりした場合、その後、眼の充血、瞳孔が開いている、黒目が濁っている、まぶたが腫れている、視力がない、などの症状を感じたら危険です。直ちに眼科医の診察を受けて下さい。

タグ