ドライアイ とは

ドライアイ とは

ドライアイ は、涙の量が足りず、目の表面が乾いてしまう症状を指します。 ドライアイ は、乾燥によって様々な病気を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

どらいあい は、 角膜乾燥症 (かくまくかんそうしょう)とも言います。会社勤めの30%、コンタクトレンズ装着者の40%が ドライアイ だとも言われています。

詳細な原因は不明ですが、TVやパソコンによる目の酷使、冷暖房による空気の乾燥、コンタクトの装着などが要因と考えられています。

眼球の表面が乾燥することにより、角膜に傷がつきやすくなり、眼の病気が心配されます。

また、乾性角結膜炎や涙液分泌減少症という病名もあります。ドライアイとほぼ同じ意味です。

乾性角結膜炎(かんせいかくけつまつえん)は、涙の量が少なくなってしまう病気で、中年の女性に多く見られる症状です。そして、治癒がしにくいとされています。目薬での治療、場合によっては手術も行います。

涙は様々な外的から目を守る防護服の役割をしていますので、その涙の量が減ってしまうドライアイは重大な病気を引き起こしてしまう可能性があり、見過ごすことは出来ません。

あまりに眼の乾燥が気になる人は、眼科に診てもらった方がいいでしょう。

タグ