乱視 とは

乱視 とは

乱視 とは、 角膜 や 水晶体 が歪んで正常に像を結ぶことが出来ず、光の屈折がずれ焦点が合わなくなる 屈折異常 のことを言います。

近視 の場合は網膜の手前で、 遠視 の場合は網膜の後ろで像を結びますが、 乱視 の場合は焦点が合わない状態です。

近く遠くにかかわらず、物が二重三重に見えたり、ぼやけて見えたりします。

乱視には正乱視と不正乱視がありますが、正乱視は眼球に入ってくる光が2か所で焦線を結ぶ乱視のことで、ほとんどの乱視は正乱視に分類されます。眼鏡やコンタクトレンズで矯正が可能です。

一方不正乱視は、どこにも焦点が結ばれない状態で、角膜の異常によるケースが多いです。

乱視があるかどうかチェックする方法があります。白い用紙に丸い円を描き、円の中心を通る均等の太さの線を放射状に等間隔に書き込み、それを壁などに貼って少し離れた距離から両目や片方の目でチェックします。

乱視チェック表
            ↑このような感じの図形です↑

この時、一部の線が太く見えたり、一部の線が細く見えたり、濃淡があったり、線の太さが均一に見えない場合は乱視の疑いがあります。

タグ