遠視 とは

遠視 とは

遠視 とは、 近視 の逆で、 網膜 の後ろで光の焦点が結ばれてしまうことにより、ピントが合わずに、近くの物体を正確に見ることのできない 屈折異常 の一種です。

遠視 は、網膜の後ろでピントが合う状況になるので、特に近くが見えにくくなります。

現代社会では、マンガ、ゲーム、テレビ、携帯など、近くを見る機会が多いため、遠視になるというケースはまれで、多くは遺伝的なものです。

乳児の多くは遠視といわれていますが、成長するに従って徐々に近視に移行すると言われています。

老眼鏡を掛けてみて、遠くがスッキリ見えるようであれば遠視の可能性が高いです。

なお、子供の遠視は放っておくと、眼球が正しい方向を向かなくなる斜視(内斜視)の原因になったり、遠くも近くも見えにくくなる弱視の可能性も懸念されます。早めに眼科医の診察を受け、適切な処置を行うことが大切です。

遠視の子供は、飽きっぽい、目が疲れやすい、見えにくそうな仕草をする、落ち着きがないなどの症状が出るようです。あてはまる場合は、早期に眼科医の先生に相談してみましょう。集中しにくくなるので、勉強や仕事の能率が落ちる心配もあります。

タグ