近視 とは(2)

近視 とは(2)

近視 は、遠くの物がぼんやりとして見えにくくなる現象をいいますが、 近視 には 軸性近視 と 屈折性近視 があります。

角膜から網膜までの長さ(奥行き)を 眼軸 と呼びますが、 軸性近視 とは、この 眼軸 が伸びていき、 水晶体 をうまく調節できず、焦点を網膜の手前で結んでしまうことをいいます。この場合、目の屈折力はほぼ正常です。大部分の 近視 はこの 軸性近視 です。

屈折性近視とは、角膜や水晶体の屈折力が強すぎることにより、網膜上でピントが合わない現象をいいます。

近視のチェック方法として、本などを30センチくらい離して読み、その後周りを見渡してみて、文字などを認識できるのに数秒かかる場合は近視の疑いがあります。

その他の視力低下の確認方法としては、トイレットペーパーの芯を使った方法があります。芯を片方の眼に当て、しばらく遠くを見ます。その後、芯を外してもう一度同じ箇所を見ます。芯を通して見た時の方がよく見える場合は、近視の初期段階と言えるでしょう。

視力を回復するのは易しくありませんが、視力の低下をこれ以上進行させないことも重要です。

タグ