細隙灯顕微鏡検査とは

細隙灯顕微鏡検査とは

細隙灯顕微鏡検査とは、細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)という装置を使い、帯状の光を当て眼球を観察する検査です。

眼科検診の中では、視力、眼圧、眼底と共に、最も重要な検査の一つといえます。この検査によって、眼球の持つ異常や病気を発見することが可能です。コンタクトレンズの装着具合を見るのに使用することもあります。

検査時は、機械の台にあごを乗せ、額を固定します。眼球にスリットランプ(細隙灯)をあて、診察者は眼球に問題がないかを調べます。肉眼ではわからない細かな部分まで観察が可能です。

これにより、角膜、結膜、虹彩、水晶体などに、傷や炎症がないかどうかがわかります。緑内障や白内障などの重度の病気を早期に発見することもできます。万が一、緑内障や白内障の疑いがある場合は、さらに別の検査を受ける必要があります。

通常、眼科の診察を受ける際にその都度受ける検査になります。光は斜めから当たることになりますが、これにより医師は眼球の状態をより鮮明に見ることができます。

タグ