視力測定とは

視力測定とは

視力測定は、誰もが受けたことのある検査方法と言っていいでしょう。目が物を見る能力を調べる最も基本的な方法です。学校や会社の健康診断で受ける他、免許証を取得する際にも調べたりします。

測定方法は、明るい場所(照度200ルクスくらい)で、5メートル離れた距離から輪の切れ目の位置を答えるという方法が一般的です。ちなみに輪のことをランドルト環と言います。

視力検査では、左右の目を交互に調べ、1.0以上あれば正常とみなされます。

視力の検査を受ける前は、なるべく目を休ませるようにしましょう。疲れた状態で測定しては、正常な結果が出せないおそれがあります。

目が悪いと、この検査は何とも憂鬱な気分になってしまいますが、眼鏡やコンタクトを作る際は、正しい視力を測ることは非常に重要になってきますので、担当員の方にしっかり綿密に検査をしてもらって下さい。ここでいい加減にしてしまうと、度の合わない眼鏡やコンタクトを使うことになってしまいます。これは目に悪影響を及ぼしますので、面倒でも自分の正しい視力を認識するようにしましょう。

また、女性の場合、アイシャドウやマスカラなどは検査の際に目を汚してしまう可能性があるので、目の周りの化粧は控えるようにしましょう。

タグ