色覚検査 とは

色覚検査 とは

色覚検査 とは、 色覚異常 を検査するもので、 石原式色覚異常検査表 ( 石原表 )と呼ばれる検査法が主流になっています。

色覚検査の1つである石原式色覚異常検査表(石原表)は、学校で多く取り入れられている方法で、導入が簡単なことがメリットの1つです。

いろいろな色の斑点の中で数字を読み取らせるものが多くなっています。

石原表は有用な検査方法であることは間違いないものの、日常生活には支障のない場合でも色覚異常となってしまったり、個別に検査をすることはないのでプライバシーの侵害となったりといった問題が生じ、現在学校の検査は強制ではなくなっています。

なお色覚異常は、「色盲」「色弱」などの呼び名もありますが、偏見などの誤解もあり、「色覚異常」や「色覚特性」といった呼び方をするケースが多くなっています。

その他の色覚検査には、赤緑異常の際に使用されるアノマロスコープ、パネルD-15テストといったものがあります。

タグ