深視力検査 とは

深視力検査 とは

深視力検査 とは、大型免許、二種免許の取得時に必要な目の検査です。 深視力検査 は通常の視力検査と共に行われます。

大型自動車免許、二種免許の取得や更新の際には、視力検査はもちろんのこと、深視力を測る検査も行われます。

深視力とは、立体視のことで、遠近感や立体感をちゃんとわかっているか認識する力を指します。

深視力検査では、3本の棒を均一に並べ、左右の棒は動かさず真ん中の棒だけを前後に動かし、3本の棒が一直線上に並んだと思われるところでボタンを押す「三桿(さんかん)試験」という方法を行います。

検査に合格できない場合の理由はいくつか考えられますが、そもそもの視力が悪い、両眼視機能が衰えているなどが挙げられます。

両眼視機能とは、文字通り両目で物を見た際に、正常に物体を認識できている機能を指しますが、斜視や弱視などにより、両眼視の機能が正常でない可能性もあります。

この場合、残念ながら矯正方法が難しいのが現状ですが、単に機能そのものが低下している場合は訓練により改善するケースもあります。

また、深視力はメガネによって矯正できる場合もあります。

タグ