細菌学的検査とは

細菌学的検査とは

細菌学的検査は、眼の病気で細菌やウイルスによる感染が疑われる場合に行われる検査です。

目の場合も内科や外科で行われる方法と大きな違いはありません。

細菌学的検査の方法は、患者さんの分泌物や組織の一部(尿など)を採取し、それを培養したり顕微鏡で観察したりして、そこに存在する細菌・ウイルスの種類を特定します。

その他、薬に対する反応を調べることも目的の一つになります。病気の予防と治療方針を決めるために必要な検査といえます。

通常、目の角膜は涙の膜で覆われているため、これがバリアの役目をし外部からの細菌等の侵入を防いでいます。また、角膜の表面にはボーマン膜というコラーゲンでできた細胞層があり、これらで保護されているので、感染等は起こりにくくなっています。

しかしながら、病原体がひとたびその保護膜を突破すると、角膜には血管がないため病原体を退治するはずの白血球がやってこれず、深刻なダメージが懸念されます。

治癒しても角膜に白斑が残ったり、高度の視力障害や失明の原因になったりと、事は重大です。眼に関する病気には細心の注意が必要になると思います。

タグ