隅角検査とは

隅角検査とは

隅角検査(ぐうかくけんさ)とは、緑内障などを診断する上で欠かせない、眼の隅を顕微鏡で観察する検査です。

視力回復の前に、目の健康を考えておくことも大切です。

隅角(ぐうかく)とは、正面からは見ることのできない角膜と虹彩の根元が交差する部分を指します。ここは、眼圧を調整する房水の排出口があり、隅角を調べることで、緑内障(りょくないしょう)などの重い病気を発見することができます。

房水とは、角膜や水晶体に栄養補給を行う液体のことで、眼房水ともいいます。房水は虹彩の後ろにある毛様体で作られ、瞳を通り虹彩の前に出てきて、隅角から白目の静脈へ排出されていきます。

通常隅角から来る光は、角膜の表面で全て反射されてしまうため肉眼で見ることはできません。隅角検査を行う際は、特殊なコンタクトレンズを装着し、これにより角膜の全反射を防ぎ、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡により観察します。

細隙灯顕微鏡で拡大することにより、房水の排出口に異常が見あたらないかどうかなどを調べることができます。

特殊な検査ではありますが、緑内障を抱える人にとっては重要な検査といえます。

タグ