視野検査とは

視野検査とは

視野検査は、目の見える範囲の広さを調べる検査です。網膜や視神経などの機能を正常に知ることができるので、網膜剥離(もうまくはくり)や緑内障(りょくないしょう)を見つける上でも、大切な検査といえます。

視野検査は、円盤形の視野を測定する装置の前に座り、中央にあるのぞき窓を覗き込みます。

最初は明るさを最も明るい状態にして、どのくらいの範囲が見えるかを測定します。その後。段階的に明るさを下げ、見える面積を測っていきます。本人が見える範囲を正直に答えることが重要になってきます。

通常、正常な人では、片目において、上方に約60度、下方に約70度、鼻側に約60度、耳側に約90度の視野を持っているとされています。(数値については多少前後します) これを周辺視野と呼びます。

また、その中でも特によく見える範囲を中心視野と呼び、これは上下左右約30度とされます。

周辺視野に見えない箇所があったり、中心視野で暗点と呼ばれる見えない箇所があったりする場合は、網膜剥離や緑内障、視野狭窄などの目の病気が疑われますので、眼科医の検診を受けるようにしましょう。

タグ