網膜電図検査(ERG検査)とは

網膜電図検査(ERG検査)とは

網膜電図検査(ERG検査)は、網膜に強い光を当てその電位変化を記録、その波形から網膜の働きが正常かどうか調べる検査です。

視力回復、近視を治す前に、まず目の検査について知っておきましょう。

コンタクトレンズ型の電極を角膜に装着し、そこから強い光を網膜に当て、心電図のように電位の波形を記録します。その波形から網膜の異常がわかるのが網膜電図検査(ERG検査)です。

眼球内の網膜に光を当てると、網膜と角膜の間にある電位に変化が生じるため、この電位変化を詳細に分析すると、網膜がどのような働きをしているかがわかるようになります。

網膜電図検査(ERG検査)は、角膜や網膜の病気や、手術を行って視力が回復するかどうか、指針となる検査といえます。なお、点眼麻酔をするので、痛みはほとんどありません。

例えば、白内障の目の病気が進むと、水晶体に濁りが生じるため、眼底検査を行うことができません。その際に有効な手段となり得ます。

タグ