迎香(げいこう)のツボ押しで視力低下を改善

迎香(げいこう)のツボ押しで視力低下を改善

迎香(げいこう)と呼ばれる、鼻の両側にあるツボを刺激することで、血行を改善、視力低下を防止する効果が期待できます。

顔に歪みがあると、血行不良に陥り、目の血行が悪くなり、視力にも影響を与えることがあります。

特に片方の目の視力が悪いといったガチャ目の改善、視力低下の防止を期待できます。

視力にかかわらず、顔に歪みがある人は試してみるといいかもしれません。

迎香(げいこう)は、両の鼻の穴のすぐ横(鼻翼と鼻唇溝の中間)にあります。

中指を鼻の頭に当て、人差し指と薬指で迎香(げいこう)を下から上へ突き上げるように刺激してみましょう。ピリッとした痛みを感じる箇所がツボになります。

なお、口の中からツボを刺激するとさらに効果的です。両の人差し指を口に入れ、迎香(げいこう)のツボを下から上へ突き上げるように押して下さい。この場合、手をしっかりと洗い清潔な状態で行いましょう。

すぐに顔の歪みの改善を実感できると思います。日々の生活の中で歪みは元に戻ってしまうので、1週間くらいは続けてみて下さい。

タグ