遠くと近くを交互に見る

遠くと近くを交互に見る

視力 を 回復 するには、目の調節機能を適度に鍛えることが大切になります。 近視 の人は、遠近を調節する筋肉が衰えているので、これを鍛えて、 視力回復 を目指し トレーニング を行っていきましょう。

手に鉛筆を持ち、これを近くを見る対象物とします。(別に鉛筆でなくても、ボールペンでも何でも構いません)

次に遠くの対象物を決めます。これはその人の視力がどのくらいなのかによって変わってくるので何とも言えませんが、ある程度それが認識できる距離にしておきましょう。

仮に家にあるカレンダーの数字にしておきます。

そうしたら、鉛筆の先とカレンダーの数字を交互に見ていきます。この切り替えはできる限り早く行います。

ただし、早く切り替えることが目的ではないので、見えていないのに、ただ漠然と早く行っていたのでは目の訓練になりません。

その対象物が認識できる範囲内で、できる限り高速に動かしていきます。目標は1秒間に1往復です。もちろん、それ以上できればなおいいです。

時間としては10秒単位で行ってみましょう。これ以上行うと目に負担がかかりすぎて、眼を痛める危険性があります。

また、10秒ではきついなと思ったら(吐き気や目眩などを感じるようであれば)5秒にするなどして、徐々に眼を慣れさせていくようにして下さい。

目が疲れたなと思ったら、この運動を定期的に取り入れることで眼筋が鍛えられ、視力回復に結びつくことが期待できるトレーニングです。

タグ