ランドルト環で視力回復トレーニング

ランドルト環で視力回復トレーニング

ランドルト環と鉛筆を使った視力回復トレーニングを行ってみましょう。誰にでも手軽に行える視力回復法です。

ランドルト環とは、視力検査に使われる黒丸の四方いずれかが切れた図形です。鉛筆の先端辺りにランドルト環をペンで書き込みます。

なお、近視が進んでいる場合、鉛筆だと小さすぎて見えないということがあるかもしれません。その場合は、ものさしなど、ランドルト環が大きく書けるものを使用して、視力回復トレーニングを行ってみましょう。

また、適当な用紙にランドルト環を書き入れ、それを親指の爪に貼って行うという方法もあります。


鉛筆を目の高さに持ちます。
     ↓
ゆっくりと目に近づけていきます。目からの距離が10pくらいのところで止めます。
     ↓
ランドルト環を見つめたまま、今度はゆっくりと遠ざけていきます。
     ↓
これを何回か行ってみましょう。


近距離ばかりの作業を続けていると、毛様体筋が緊張し目が疲れる原因となります。

放っておくと毛様体筋の遠近調節機能が衰えてしまうので、トレーニングにより毛様体筋の緊張をほぐしていきます。

タグ