たんぱく質

たんぱく質

視力低下を防いだり、目の老化を防ぐためには、目を酷使しないことも大切ですが、栄養バランスを考えた食事を摂り、目の健康を考えることも大切です。たんぱく質は目の健康を考えた際に、重要視されない栄養素ですが、決して無視はできません。

たんぱく質は、目の調節を行っている水晶体や毛様体筋の主成分です。そのため、タンパク質が不足すると目の老化を早めてしまう危険性があります。目の健康を考えれば、蛋白質もバランスよく摂取していく必要があります。

たんぱく質は、しらす干し、いわし、あじ、かつお、さんま、まぐろ、うなぎ、鶏肉、牛肉、豚肉、いくら、たらこなど、肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品に多く含まれます。

たんぱく質は多くの食材から摂ることができるので、1種類にこだわらず、いろいろな食品からバランスよく摂取することが大切です。

1日の摂取目安量は、男性約70g、女性約60gです。ゆで卵1個、牛乳コップ一杯(200ml)、豆腐のお味噌汁、肉80g、魚80gを摂ると大体の目安量になります。

タグ