コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸 は、 眼 の 角膜 、 水晶体 に効果のある食物繊維の仲間です。 眼精疲労 の 改善 や、 老化 に伴う 病気 の 予防 が期待できます。

コンドロイチン硫酸は、各細胞に水分や栄養分を運んだり、新陳代謝を活発にして体調を維持するなど、人が健康に生きるための重要な役割を果たしています。薬理効果が期待できることから、多くの医薬品にも広く利用されています。

目に関しては、角膜、水晶体の透明度や弾力性を高めて、保水性を向上させることがわかってきています。

疲れ目やドライアイの緩和、改善、予防が大いに期待できるので、これらの症状がある場合は気をつけていきたいところです。

コンドロイチン硫酸を多く含む食品は、納豆、わかめ、こんぶ、のり、山芋、おくら、動物の軟骨などがあります。

そもそもコンドロイチンは、動物の骨を研究する課程で発見された成分で、ギリシャ語で軟骨を意味します。

あまり広くは知られていない成分ですが、コンドロイチンも積極的に摂取していきたいですね。

タグ