カリウム

カリウム

カリウムには、浸透圧を維持して筋肉の収縮活動を滞りなくする働きがあります。カリウムは目の健康を助け、生活習慣病から合併症を引き起こす確率を下げてくれる栄養素です。

カリウムの特筆すべき働きは、塩分の摂りすぎによって引き起こされる血圧の上昇を抑え、高血圧を予防してくれるところにあります。

長い目で見ると、目の病気の予防に役立っていると言えるわけですね。

カリウムは、体内の塩分と一緒に排出される性質があるので、塩分を多く摂る傾向にある人は、カリウムが不足傾向になりますので注意が必要です。

塩分を控える食事を心がけるのが第一ですが、カリウムを多く含む食材も積極的に摂るようにしましょう。

また、夏場の時期は、汗によって流出してしまったり、食欲不振から摂取量が少なくなり結果的に夏バテになったり、ひいては眼精疲労やドライアイの原因ともなるので、あわせて注意していきましょう。

カリウムをたくさん含む食品は、バナナ、すいか、アボガド、かつお、ひじき、さつまいも、山芋、ほうれんそうなどがあります。

バナナなどは単品でも食べやすいですし、積極的に摂取していきたいですね。

タグ