ビタミンC

ビタミンC

様々な細胞組織を丈夫にし、身体全体の調子を整える役割のあるビタミンC。視力回復にはどのくらいの影響があるのでしょうか。

ビタミンCは目の水晶体の透明度を保ち、細菌などの攻撃から眼を守り、老人性白内障の予防効果があるとされています。

その他に、コレステロールを低下させたり、ストレスに強い効果を発揮したりと、眼をリフレッシュさせるのには無視できない栄養素といえそうです。

ビタミンCの摂取については、現代では多くの機会があるので不足するということはあまりなくなっていますが、やはり油断は禁物です。果物全般、野菜では小松菜、ほうれんそう、ブロッコリー、かぼちゃ、さつまいもなどに多く含まれています。

ビタミンCは摂り過ぎても実害はないのでたっぷりと摂取するようにしましょう(人によっては、下痢や頻尿といった症状が起こることがあります)。調理の際は、ビタミンCは水溶性で熱に弱いので、それらに関する調理法ではある程度の損失を覚悟しなくてはならなくなります(ただし、イモ類は熱に強いので損失が少ない利点があります)。

タグ