首のマッサージで眼精疲労・疲れ目を改善

首のマッサージで眼精疲労・疲れ目を改善

長時間パソコン作業をしたり、テレビを見ていたりすると、目が疲れるのはもちろんですが、首の筋肉も緊張していきます。首こりをほぐす首のマッサージで、眼精疲労や疲れ目を改善していきましょう。

首が凝ると、首周りの血管や神経が圧迫されて血の巡りが悪くなり、眼精疲労、肩こりなどにつながってしまいます。首が凝ってきたら、首まわしマッサージでこりを解消するようにしましょう。

まず、あぐらをかいて座り、軽く下を向きます。

そこからゆっくりと首を回していき、こり、つっぱりなどを感じる部分で1回止めてゆっくり深呼吸をします。深呼吸することで新鮮な酸素を多く体内に取り込むことができ、細胞を活性化することができます。

ゆっくりと深呼吸を終えたら、首を回して元の位置に戻ります。次は逆から行ってみましょう。

首のストレッチ運動で筋肉をほぐし、深呼吸することで酸素を取り入れ、身体が持つ自然治癒力を高めていきます。

マッサージは、無理のない範囲で行うようにして下さい。

タグ