コンタクトレンズ使用時の注意点

コンタクトレンズ使用時の注意点

視力回復を目指す人には、コンタクトレンズを使用している人も多いと思います。コンタクトは目に直接入れるものなので、取り扱いには細心の注意が必要です。

コンタクトレンズをしていると、涙の循環が悪くなるので、ドライアイになりやすくなります。長時間の装用は避け、寝る時は外すなど、なるべく目の負担を軽減するようにしましょう。

コンタクトをしていると目の乾きや疲れ、充血を感じることも多く、そのため、目薬を使用することも多いと思います。市販の目薬はいろいろな種類がありますが、目薬を使用する際は、防腐剤(塩化ベンザルコニウム、パラベンなど)の入っていないものを選びましょう。防腐剤は目を傷つける恐れがあるためです。

また、充血対策として、血管収縮剤(塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリンなど)が含まれているものがありますが、これは薬が切れるとリバウンドでさらに症状が悪化するケースがあるので、注意が必要です。

ハードコンタクトはソフトコンタクトに比べて厚みがあるため、その分レンズが乾きやすく、疲れを感じたり充血もしやすくなります。あまりに合わない場合は、ソフトレンズを検討した方がいいかもしれません。

コンタクトレンズは目に入れるもの。常に清潔感を意識して使用することが大切です。レンズが外れてしまったからといって、唾液をつけて再装着するのはもってのほかです。

タグ