環境汚染が目に与える影響

環境汚染が目に与える影響

目が悪くなる、視力が低下する原因は様々ですが、昨今叫ばれている環境問題も、避けては通れない問題かもしれません。環境汚染が目に与える影響は無視できないからです。

環境汚染が抱える問題は、地球規模での社会問題となっていますが、工場の煙や車の排気ガスが大気を汚すと、その大気中に含まれる有害物質が目の粘膜を刺激して、悪影響を与えます。

その他に、生活排水の垂れ流しや農薬の散布は、川や海、大地を汚染していき、これらの有害物質が巡り巡って農作物、畜産物、飲料水などを通じて体内に摂取されれば、眼にも悪影響を及ぼし、視力低下などにつながる恐れもあります。

また、人は全身が皮膚で覆われているので、外からのある程度の刺激に対しては保護することができますが、目は皮膚で守られているわけではないので、外からの刺激に対してとても敏感です。

そのため、より注意を払って目をいたわってあげる必要があるでしょう。

もちろん、環境問題は目にとってだけでなく、身体全体に及ぼす影響が大きく、それ以外の観点からも人類一丸となって取り組まなければならない問題であることは間違いありません。

一人一人が環境問題の意識をより高めていくことが、環境問題解決の糸口となり、最終的に目の健康も守られることになるのではないでしょうか。

タグ