アドレナリン と 視力低下 の関係

アドレナリン と 視力低下 の関係

人がストレスを感じた時、呼吸が速くなったり、血圧が上昇したりという作用が発生しますが、その中にアドレナリンが分泌されるという作用もあります。アドレナリンが発生すると、視力低下を引き起こすなど目に悪影響を与える可能性があります。

興奮したりすると、アドレナリンが大量分泌されることは何となく見聞きしている事だと思いますが、アドレナリンが発生すると、血液中の血糖値が上昇し、コレステロールや脂肪酸の量も増加します。

これ自体は消費されやすく、筋肉を動かす上でのエネルギー源にあるので、例えば種々のスポーツをする際には、アドレナリンが適度に分泌されることで身体の反応が良くなり、最良の結果を生み出せる可能性があるわけです。

しかし、運動などに関係のないケースでは、ストレスを感じることでアドレナリンが分泌されてしまうと、逆に悪影響となってしまいます。

使わないエネルギー源がどんどん体内に溜まってしまうわけです。

そうすると、使われないエネルギー源は血液の中に入り込み、全身を循環することになります。コレステロールなどを多く含んだ血液はどろりとしているので、血管がつまったりといった危険性が高くなります。

特に目の血管は細く、毛細血管の量が非常に多いので、そこで血管がつまってしまうと目が酸欠状態になり、目の健康を考えると非常に良くない状況に陥ってしまうわけです。

また、アドレナリンの作用として血管の収縮があるので、ますます目が酸欠状態を引き起こすことになってしまいます。

最終的に視力低下を引き起こす原因になってしまうわけです。

タグ