ストレスは視力低下につながる

ストレスは視力低下につながる

人間の身体に様々な障害を与えるストレスですが、眼にとっても良くなく、視力低下の原因になったり、視力回復を妨げたりという悪影響を及ぼします。

視力低下を引き起こしてしまった場合、何が原因だったのだろうと考え、テレビを見過ぎたから、勉強をしすぎたから、仕事で疲れたからといった感じで、目を酷使してしまったことを考えると思います。

視力低下の原因は、同じところをずっと見続けたりすることで眼球が運動不足になり、血行不良を起こしていると考えられるのですが、副次的な要素としてストレスが原因になっている可能性も否めません。

特に、学校の勉強や会社の仕事に日々終われている人は、「テストでいい点を取らなければ」「目標の学校に合格しなければ」「明日までにこの仕事を終えなければいけない」「会議が憂鬱だ」といったストレスを抱えていないでしょうか。

責任感から来る精神的ストレスと視力低下を結びつけることは難しいかもしれませんが、病は気からと言うように、ストレスが身体に悪影響を与えることは誰もが信じるところであり、そういう意味では、ストレスが眼球に与える影響も無視できないと思われます。

ストレスを全くなくして生きていくことは非常に難しいですが、自分なりのストレス発散法を見つけて、身体はもちろん、目もいたわるようにしましょう。

タグ