疲れ目 ・ 眼精疲労 の 原因

疲れ目 ・ 眼精疲労 の 原因

疲れ目 や 眼精疲労 に悩む人は多いと思います。それが 視力低下 にもつながっていくため、 視力回復 を目指している人にとっては無視できない症状です。

疲れ目や眼精疲労は、どういう時に起こるのかというと、長時間にわたってパソコンの作業をしていた。長い時間テレビゲームをしていた。徹夜で仕事をしていた。テストがあるので猛勉強していた。

などなど、いろいろあるかと思いますが、どのケースにも言えることが、長時間にわたって目を酷使していたということが挙げられます。

ただ、酷使と言うよりは、長時間不自然な状態を続けていたと言った方がいいかもしれません。

上記の作業はいずれもじっと狭い範囲を見つめることが多く、眼球自体はあまり運動をしているわけではありません。それなのに疲労は溜まっていきます。

これは、ずっと同じ場所に立ち続けていると、足がむくむような疲労を感じてくるのと一緒です。人の身体は、じっと同じ作業や姿勢を続けることには向いていません。

この疲れを回復するためには、じっと休むことでも回復はしますが時間がかかるため、マッサージをしたり、ストレッチをしたりといったことを取り入れることも多いと思います。

眼に関しても同じことが言え、ただ休ませているだけでは疲労の回復は遅く、疲れが完全に抜けきらない状態で次の作業に移るため、眼精疲労、疲れ目を引き起こし、最終的には視力低下を招いてしまいます。

視力を低下させず、視力の回復に繋げて行くには、眼筋のストレッチ運動が重要であることがわかるかと思います。

タグ