ベイツス理論 とは

ベイツス理論 とは

ベイツス理論 は、一般的な考え方の ヘルムホルツ理論 とは全く異なる考え方です。 視力回復 を目指し、眼球の仕組みについて学んでいきましょう。

眼球には、内直筋、外直筋、上直筋、下直筋、上斜筋、下斜筋という6つの筋肉がありますが、これらを使って眼球全体の形を変え、水晶体から網膜までの距離を調節して物を見せているという考え方がベイツス理論です。

水晶体を調節しているとされるヘルムホルツ理論とは、全く異なる考え方であることがわかるかと思います。

眼球そのものが形を変えているというベイツス理論は異説の考え方ではありますが、眼筋トレーニングに視力回復の効果が期待できることからすると、全く的外れとも言えないのかもしれません。

現状、どちらの理論が正しいかどうかは厳密に解明されていません。あるいは、ベイツス理論もヘルムホルツ理論も間違っているのかもしれません。両方の理論を取り入れているとも考えられます。

疲れ目や眼精疲労、視力低下に悩まされている人にとっては、回復できることが第一ではありますが、目の仕組みを理解することで、トレーニングに取り組みやすくなればと思います。

タグ