ヘルムホルツ理論 とは

ヘルムホルツ理論 とは

視力 の 回復 を目指すために、目の仕組みについて記述していきたいと思います。 ヘルムホルツ理論 と呼ばれる考え方について説明していきます。

眼球の前部には、水晶体と呼ばれるカメラで言うところのレンズの役割を果たしている器官があります。

この水晶体から入った光(情報)が、眼球の後ろにある網膜と呼ばれる箇所でフィルムのように映像として形をなしていきます。

水晶体の周りには毛様体と呼ばれる筋肉があり、この毛様体が収縮したり弛緩したりして厚さを調節することで、物体との視認距離を調節し、“見る”という行為を行っています。

ところが、この毛様体筋の調節機能が衰えてくると、正常に網膜上で映像を映すことができなくなり、これが原因で近視や遠視になります。

ヘルムホルツ理論と呼ばれるこの考え方は、水晶体そのものが形を変化させて物を見せているというもので、本筋の考え方です。

が、これとは相反するベイツス理論という学説もあります。

タグ