夜型生活の視力への影響

夜型生活の視力への影響

夜中心の生活を送る夜型生活の人も増えてきていますが、目の負担が増えるため、 視力低下 や 眼精疲労 、 ドライアイ を助長しかねません。それは 視力 の 回復 を難しくすることにもつながります。

人間は元々、昼に活動し、夜は就寝するという生活を送ってきましたが、電気の発明により、人は夜でも不自由なく生活できるようになりました。

ただ、昼間の見え方と夜の見え方を比較してみるとわかりやすいかと思いますが、太陽が沈んだ夜の暗い中では、周りの物が見えにくくなっていると思います。

これは、元々人間の目が暗いところではうまく活動できない仕組みになっているためです。

そのため、夜の活動が増えるということは、知らず知らずのうちに目に負担を掛けていることになります。

従って、夜更かしや徹夜は、眼に多大な負担を強いていることは間違いありません。視力の低下や疲れ目を助長することになり、その回復にはかなりの時間を要することになってしまいます。

また、睡眠不足も身体への負担を大きくするため、疲れ目やドライアイを促進すると同時に、健康を害することにもつながります。

一度低下した視力を回復することは容易ではありません。普段から、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

タグ