日頃のケアで疲れ目を予防しよう

日頃のケアで疲れ目を予防しよう

現代病と言ってもいいかもしれない、疲れ目、眼精疲労。疲れ目を少しでも予防できるよう、毎日の生活の中で気をつけるべき点は気をつけるようにしていきましょう。

暗い場所で作業をしていると、目の負担も大きくなります。適度な明るさを保って作業をするように心がけましょう。

細かくちらちらと動く物を見続けると、眼精疲労が大きくなります。長い時間見続けるのは避けるようにしましょう。

良くいわれることですが、こまめの休憩も大切です。集中してくるとつい何時間でも作業してしまいがちですが、1時間に対して5分〜10分くらいの休息を取るように心がけましょう。

同様にストレスを感じたら作業を中断することも大切です。ストレスは目に対しても大敵。ボーッとしてみたり、運動してみたり、ストレスを解消しリラックスするようにしましょう。

指しすぎはあまり良くありませんが、目の乾燥が気になる時は、目薬で瞳の潤いを保つようにしましょう。


人は、多くの情報を目から取り入れています。誰にとっても大切な目ですから、日頃からいたわってあげることが大切になります。

タグ