目薬の正しい使い方

目薬の正しい使い方

疲れ目、眼精疲労、ドライアイに悩んでいる人は、目薬を使っている人も多いともいます。たかが目薬、されど目薬。目に処方する物ですので、使い方には注意していきましょう。

疲れ目、眼精疲労、充血、ドライアイ。

これらの症状が出ている場合は、市販の目薬をさして様子を見てみるのも一つの方法です。

目薬を選ぶ際は、防腐剤フリーの物を選ぶようにしましょう。防腐剤が入っていると目を傷つける恐れがあります。コンタクトを使用している時に目薬を使う場合は、コンタクト使用時でも点眼OKの目薬を選ぶようにして下さい。

目薬を点眼する際は、まず手を清潔にすることが大切です。汚れた手で行っていては治るものも治らなくなってしまいます。

顔を少し上に向けて、片方の手で目薬を持ち、もう片方の手で下まぶたを軽く押し下げます。指定の用量をさしたら、しばらくの間まぶたを閉じて成分が目に馴染むようにします。

目薬はあくまで一時的な処方にすぎません。症状が改善しない場合は、眼科医の検診を受けるようにしましょう。

タグ