うなじの温タオルで目のトラブル改善

うなじの温タオルで目のトラブル改善

熱く絞った蒸しタオルをうなじに当てるだけで、疲れ目、眼精疲労、ドライアイ、かすみ目など、様々な目のトラブルの改善に有効です。

方法は至って簡単で、沸かしたお湯にタオルを濡らし、ある程度絞ったら長方形にまとめ、うなじにあてるだけです。やけどをしないように気をつけて下さい。

タオルがぬるくなってきたら、もう一度タオルを濡らして絞ってを繰り返します。

うなじには延髄がありますが、延髄は眼球運動、呼吸、血圧などの調整を行っている箇所で、ここを温めると目のトラブル(疲れ目、眼精疲労、ドライアイ、かすみ目など)の解消のみならず、全身の自然治癒力アップの効能が確認されています。

目に関しても、延髄を温めることで血行が促進し、トラブル改善へとつながっていきます。

お風呂に入った時に行うのが、面倒くさくなく簡単だと思います。ぬるいお湯ではあまり効果がないので、やけどをしない程度の熱いお湯で行ってみましょう。温度差の刺激が、延髄によりよい刺激を与えます。

タグ