爪をもんで疲れ目改善

爪をもんで疲れ目改善

爪をもみほぐすことで、疲れ目、眼精疲労の改善の他、様々な体調不良を改善する効果が期待できます。

指先には、神経が密集していたり、毛細血管が密集していたりするので、刺激することで全身に対して様々な好影響をもたらすことができます。とても簡単なので、毎日の生活の中に取り入れていきましょう。

もみほぐす指は、親指、人差し指、中指、小指です。薬指は交感神経に影響するので刺激しません。

各指の爪の生え際の両サイドを、反対側の手の親指と人差し指で挟むようにして揉んでいきます。

親指・・・肺などの呼吸器、ぜんそく、アトピー、円形脱毛症など
人差し指・・・胃や腸などの消化器など
中指・・・耳鳴りや中耳炎など
小指・・・疲れ目解消、心臓などの循環器、肩こり、腰痛、生理痛、血圧関係など

以上のような症状に効果が期待できます。

疲れ目、眼精疲労に対しては、小指をマッサージするといいでしょう。小指の爪の生え際の両サイドを10秒から20秒ほどを目安にもみほぐして下さい。

薬指以外は全部揉んでいって問題ありません。目が疲れている人は、小指を揉むと麻痺するような痛みがあると思います。少しずつほぐしていきましょう。